毎日、良い記事

毎日良い記事。親彼らのサポートのためには、私の動機です

あの、律子さん、落ち着いて

  • 2013.08.19 Mon

て、つ、つぐみちゃんが悪いことしてる、なんてっ、思ってないけど、ううっうううぅぅ」

「あの、律子さん、落ち着いて」

 慌てて夏彦は立ち上がって律子をなだめる。

「ぐううううう」

 律子はふらふらと夏彦の胸に顔をうずめると、

「ずびびびっ」

 と、夏彦の制服で鼻をかんだ。

「うげっ、汚ねぇ」アウトレット prada

 思わず夏彦は叫ぶ。

「ぐうう……」

 その声も耳に入らないのか、律子は顔をうずめたままで唸っている。

「あー……律子さん、落ち着いてください」

 何となく、夏彦はぽんぽんと律子の背中を叩いた。
 やがて、律子の唸り声も小さくなっていく。

 落ち着いたのか、ゆっくりと律子は夏彦から離れた。顔が真っ赤だ。バッグ prada

「大丈夫ですか、その、色々と」

「……うん」

 律子は蚊の鳴くような声で答える。

「あの、とりあえず、律子さんはつぐみちゃんのことを信じてるってことでいいんですね?」

「そう、だけど……」

 語尾はごにょごにょと何を言っているか分からない。

 しかしよく考えたら、授業が始まるまでの一週間につぐみちゃんと律子さんがずっと特訓していたなら、律子さんがつぐみちゃんに情が移るのも当たり前だな。
 夏彦はそう考えて納得する。

「つぐみちゃん、凄くいい娘だから」

 ぽつり、と律子が言った。

「ああー、イメージ通りって感じですね」

「あたし……うまく喋れないのに、喋ってくれだし」

「え? 喋ってるじゃないですか?」

 無口な方ではあるかと思うが、尋問の時だってちゃんと喋っていた。バッグ ブランド 人気

「ううん、あたし……口ベタだから……ううっ、頭の中で文章作って、それを読んだりするのはできるけど、お話とか、無理で……」

 そういえばこの人いっつも一方的に喋るのが多かったな、と夏彦は思い出す。

「喋るの苦手だから……ずっと、剣術の道場でも、お友達できずに……ずっと竹刀振ってて」

 ぼそぼそと喋り続ける律子。
 顔はまだ赤い。余程人と会話するのが苦手らしい。


 大分印象違うな、と夏彦は驚いた。
 この分なら、詳しい話聞けるんじゃないか?

「律子さん」

「う……うん……何……?」

「何度も言いますけど、つぐみちゃんがあの事件に関わってるなんて信じれませんし、そもそもつぐみちゃんと同じクラスだってだけで俺がここに連れて来られた意味もよく分かりません。一体、何が起こってるんですか? 教えてください」http://www.shpmend.com/ prada 名古屋

て、つ、つぐみちゃんが悪いことしてる、なんてっ、思ってないけど、ううっうううぅぅ」

「あの、律子さん、落ち着いて」

 慌てて夏彦は立ち上がって律子をなだめる。

「ぐううううう」

 律子はふらふらと夏彦の胸に顔をうずめると、

「ずびびびっ」

 と、夏彦の制服で鼻をかんだ。

「うげっ、汚ねぇ」アウトレット prada

 思わず夏彦は叫ぶ。

「ぐうう……」

 その声も耳に入らないのか、律子は顔をうずめたままで唸っている。

「あー……律子さん、落ち着いてください」

 何となく、夏彦はぽんぽんと律子の背中を叩いた。
 やがて、律子の唸り声も小さくなっていく。

 落ち着いたのか、ゆっくりと律子は夏彦から離れた。顔が真っ赤だ。バッグ prada

「大丈夫ですか、その、色々と」

「……うん」

 律子は蚊の鳴くような声で答える。

「あの、とりあえず、律子さんはつぐみちゃんのことを信じてるってことでいいんですね?」

「そう、だけど……」

 語尾はごにょごにょと何を言っているか分からない。

 しかしよく考えたら、授業が始まるまでの一週間につぐみちゃんと律子さんがずっと特訓していたなら、律子さんがつぐみちゃんに情が移るのも当たり前だな。
 夏彦はそう考えて納得する。

「つぐみちゃん、凄くいい娘だから」

 ぽつり、と律子が言った。

「ああー、イメージ通りって感じですね」

「あたし……うまく喋れないのに、喋ってくれだし」

「え? 喋ってるじゃないですか?」

 無口な方ではあるかと思うが、尋問の時だってちゃんと喋っていた。バッグ ブランド 人気

「ううん、あたし……口ベタだから……ううっ、頭の中で文章作って、それを読んだりするのはできるけど、お話とか、無理で……」

 そういえばこの人いっつも一方的に喋るのが多かったな、と夏彦は思い出す。

「喋るの苦手だから……ずっと、剣術の道場でも、お友達できずに……ずっと竹刀振ってて」

 ぼそぼそと喋り続ける律子。
 顔はまだ赤い。余程人と会話するのが苦手らしい。


 大分印象違うな、と夏彦は驚いた。
 この分なら、詳しい話聞けるんじゃないか?

「律子さん」

「う……うん……何……?」

「何度も言いますけど、つぐみちゃんがあの事件に関わってるなんて信じれませんし、そもそもつぐみちゃんと同じクラスだってだけで俺がここに連れて来られた意味もよく分かりません。一体、何が起こってるんですか? 教えてください」http://www.shpmend.com/ prada 名古屋

COMMENTS

COMMENT POSTING

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACKS

http://ijntughebdfd222.blog.petitmallblog.jp/tb.php/5-80cd7c99

| TOP |