毎日、良い記事

毎日良い記事。親彼らのサポートのためには、私の動機です

夫に惚れ直す瞬間

  • 2013.09.17 Tue

かし時既に遅し。

「あれは……一体何だと言うの? ああ、海草を食べてみた私が不思議なのかしらね。……えっ!?」

突然の背後からの衝撃。

常人がそこにいたなら致命傷は間違いない強力な攻撃が澪に加えられた。

しゃがみこんだ状態から片手に収穫を手にして立ち上がった澪は完全に油断していた。元々、”網”を張って感知域を広げた状態ならともかく、澪は周囲を感知する能力は高くない。何の対処も無く攻撃を受けて吹っ飛んだ。tommy hilfiger 女性のためのバッグ

浜辺の、波打ち際から少し離れた場所に打ち上げられた海草の吟味をしていた所へ背後からの衝撃。

派手な水音が波の音に紛れて上がる。

そう、澪は思いっきり海水の中に飛び込んだ形になった。

手にしていた彼女が厳選した食材たちを不意の攻撃で離してしまい、それらは波に運ばれて沖へと消えていく。

「……」

澪は無言で立ち上がった。

その肩口に獰猛な表情を隠そうともしない銀色の獣が強く噛み付いたままぶら下がっている。後ろ脚で澪の体を何度も蹴りつけていて、下顎にも何度も力が加わっている様子からその獣の攻撃が継続している事がわかる。だと言うのに、澪に反応は無い。

砂浜を澪の方に走ってくる影が一つ、彼女の視界に映る。

「……濡れてしまいました」

底冷えのする声がした。

蹴りを入れるのを止め足を伸ばせば地に脚が付きそうな大きな狼、それが澪を襲った獣の正体だった。

けれど、その大きな躯を持つ獣が澪の一言に怯えたように瞳に弱気を浮かべた。

喉からの唸り声もどこか頼りなく響く。



左の肩口に牙を立てる銀狼の首を右手で無造作に掴む澪。

女の膂力とは思えぬ所業だが彼女はそのまま片手で狼を己の肩口から引き剥がし、海へと叩きつけた。

澪の肩は傷一つ無い。着ていた着物に少々の跡が残った程度。明らかにただの獣ではない狼の一撃をものともしない布。ただの着物で無い事はようと知れる。

一方の狼は、ただ一撃地へと叩きつけられただけでまともに立ち上がる事も出来ない位に弱っていた。前足で体を起こしながらも、後ろ脚がついてこない。澪を弱々しく唸りながら見つめることしか出来ない。

「死になさい、畜生」

澪は懐から出した扇子を閉じたまま振り上げる。

容赦の一切が伺えない冷たい目で狼を見据え、一気に振り下ろす。

正に紙一重だった。楽天 バック

黒い影が攻撃と狼の間へと立ち入り、狼を抱いて駆け抜けた。

余程の全力疾走だったのか、澪から然程の距離も開かない場所で影は体勢を崩す。

「……」

澪は依然目に危険な冷気を纏わせたまま、動きを停めて膝立ちになっていた乱入者を見る。

ずず、と。

何かその場に聞き慣れない音が一つ。乱入者は何事かと音のする方に注意を向ける。

澪が扇子を振り下ろした先の海。

騒ぎにも変じる事無く波を運んでいた海が、突然に割れた。

澪から十数メートルばかりの範囲で海が裂けて海底が露呈する。

たった数秒の現象だったが、乱入者は息を呑んでその様子を凝視していた。

「飼い主? なら一緒に逝ってやりなさい」

先の現象に言葉を失っている乱入者に答えを聞くこともなく、再び澪は扇子を振り上げる。

「ごめんなさい!!」

振り下ろされようとした腕がピクリと動いて、止まる。立ち上がったかと思ったら全力で頭を下げられたからだ。

「……」

興味を惹かれたのか澪の手は止まり、乱入者の次の言葉を待つ。

「砂浜を見に来たら、急にこの子が貴女に襲いかかってしまって……。私の責任です。お怒りなのはわかります、でもお願いします。許してください。お怪我の
http://www.bagsindustrial.com

COMMENTS

I have no idea how you do this but I’m completely fond of this blog.

Current blog, fresh information, I read it from time to time!!…

COMMENT POSTING

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACKS

http://ijntughebdfd222.blog.petitmallblog.jp/tb.php/21-73556afd

| TOP |